カートの中に商品はありません

日仏シャンソン協会

このサイトは日仏シャンソン協会によって運営されています。
わたしたちは、シャンソンを通じた日仏の文化交流を推進します。 新しいシャンソンやまだ日本で紹介されていないシャンソンを紹介することにも力を注いでいます。

日仏シャンソン協会公式HP »

モバイル

Feed

パリ同時多発テロ犠牲者追悼歌楽譜【無料・送料着払い】

お客様方には勿論、友人たちにもお知らせする間もなく救急病棟へ即入院となって一ヶ月。
全国で2万人程に発症している重症筋無力症となり、夏に発病していたものの、東京公演も含め穴を開けられないとの思いでステージに立っていました。 病床で知ったパリのテロによって、私の耳に母(加藤ハツ館長)が遺したある言葉が巡り、繰り返し響き続けました。

フランスには、シャンソンを通じて日仏文化交流をして来た私たちの大切な友人たちが沢山います。
フランス人だけでなく、イスラム教徒のアーティストも・・・。 その彼らの胸中を思い、更にこれから先の世界がどうなるのであろうという不安ばかりが募りました。

バタクラン劇場では著名なシャンソン歌手=アンヌ・ジルベストルの孫バティスト・シュヴローが24歳の若い命を落としました。 1月のシャルリー・エブド事件の時に、既にこうしたことは予測されていいたにも関わらず・・・。

政治は対立物を統一する。音楽は対立物を調和させる。

政治は外科手術の手法で幹部を切り去るが、音楽は漢方薬の手法であるものをそのまま内在させたまま、時を経て治癒させる

歌の力はとても大きなものです。 でも、その力を結集するのには時間が必要です。 そう考えて、私たちは一刻も早く立ち上がり行動を起こし、彼の地の友人たちと共に、平和への道を歩み始める必要性を痛感しました。

病床で(生まれて初めてピアノの前でなく)追悼歌を書きました。 それを知らせたところ、即刻フランス人アーティストたちから連幕のメッセージがとどきました。 故・加藤ハツ館長の遺訓となった言葉に、共感・共鳴してくれている事を知り、国境と言葉を越えて人と人の心は結ばれる事を再確認しました。

歌い手には、平和を願う歌を歌う義務がある。
何故なら、平和でなければ文化は育たないから。

私たちは追悼歌を日本人が歌い、フランス人たちからのメッセージとコラボレーションさせたCDを制作しました。

楽譜がご希望の方々には無料で差し上げます。(送料着払いのみご負担下さい)

日仏シャンソン協会日本支局長 加藤修滋

※この商品は無料プレゼントのため、【送料着払】で発送させていただきます。
他の商品と一緒にご注文の場合は、合わせて発送させていただきます。

※お一人様1部とさせて頂きます。

型番 paris001
販売価格 0円(内税)
購入数